僕の妻と絶倫元AV男優部長 無料ネタバレ(1)

今回は人気漫画「僕の妻と絶倫元AV男優部長」について書いていきます。

 

僕の妻と絶倫元AV男優部長は無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください。

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

サイト内で「僕の妻と絶倫元AV男優部長」と検索すると無料試し読みできます。

 

僕の妻と絶倫元AV男優部長 見どころ

「嫌、嫌・・私、酔っ払っちゃって・・」手で火照った顔を煽ぎながら、支離滅裂な言葉を発している「ああ、ダメよ・・」「ひゃっ!ああ……んんっ、はぁっ……」

 

肉体がぶつかり合い、淫らな音が室内に響く私は少しづつ引き戸を開けていった。「奥さんの臭いを嗅がせてもらいますよ」そう言ったあとクンクンと鼻を鳴らして臭いを嗅ぎ始めたのだ『あぁ・・・・・・ダメだ・・・逝きそうだよ・・・』

 

『ダメ・・・まだ逝かせない・・・』たぶん、ものすごい意地悪そうな表情をして言っていただろう・・・私が引き戸を少し開けた時、ちょうど股間に顔を埋めたところだった

 

「奥さんのここ、良い臭いがしますね!」ようやく顔を上げた声をかけていた。

「ああ、嫌・・そんなところ・・やめて・・」『我慢できないよ・・・逝きそうだ・・・』何度目かのその言葉を聞いた時、『お口の中でに全部出して・・・』手で玉の方も包み込みながらさすると我慢汁と唾液でヌルヌルになっていた。。

 

 

「奥さん・・!」『美味しい・・・』思わず呟いたチュブチュブチュブ・・・・意識は戻っていたようだが、まだ酔っ払っているようで言動も散漫だった。

 

 

「ああ、やめて・・嫌よ・・」舌足らずの声が聞こえて来た。。

 

 

激しく後ろから突かれ、足がガクガクと震えたまだ完全には正気を取り戻してはいないらしかった。

「奥さん、暑そうですから、全部脱いじゃいましょうね!」サマーセーターに手をかけて、腕を1本づつ脱がせていく。

 

 

どうしても中の様子を見たかったのだ「奥さん、好きです!」声とともに衣擦れの音が聞こえて来た。「……だめ、こんなことしちゃ……っ」「どうして?バイブ挿れてコンビニに来たのに」「んっ、そういうことじゃ……なくて、あんっ……」。

続きはこちら

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▼   ▽
画像をクリック!!

サイト内で「僕の妻と絶倫元AV男優部長」と検索すると無料試し読みできます。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絶頂管理サロン 無料ネタバレ(4)

全員失格・母親のメス豚セックス調教記録 無料ネタバレ(8)

絶頂管理サロン 無料ネタバレ(2)

囚われ勇者と魔王とエルフ ひぐま屋 無料ネタバレ(5)

全員失格・母親のメス豚セックス調教記録 無料ネタバレ(3)

アオハルバスター 無料ネタバレ(1)